ほんトノトコロ

小説を中心に読書感想文を掲載します。 書評の域には達しておりませんので悪しからず。 好きな作家は江國香織、吉田修一。

カテゴリ:作者名 > あ行

『マリアビートル』【伊坂幸太郎】

『グラスホッパー』の続編ともいえるべく『マリアビートル』を読了。こちらは丸一日使って一気読み。 『グラスホッパー』に比べると、新幹線内という限定空間の中での話がゆえ、スピード感とスリリングは上。 その一方でやや荒唐無稽というか現実には無理じゃ …
続きを読む
『グラスホッパー』【伊坂幸太郎】

久しぶりの書評エントリーと思ったら、何と実に一年ぶり。  漫画はこの一年そこそこ読んできたものの、ここまで本を読まなかったとは恐ろしい。 とは言いつつも、ゼロの訳ではなくて辻村深月を再読したり、三浦しをんと新堂冬樹を途中まで読んだりと暇つぶし程度には …
続きを読む
『あるキング』【伊坂幸太郎】

いやらしくならないヒーローを描き出すのが伊坂幸太郎は上手だと思っていた。 あるいは、登場人物の中に小さなヒーローや拠り所をつくるのが上手だと思っていた。 そのちっぽけなヒーローが様々な伏線や境遇の絡まりを緻密なプロットによって与えられ、最後に …
続きを読む
『ばかもの』【絲山秋子】

久しぶりに本を読んだ。 前回の書評エントリーからは二ヶ月が経っている。 二冊くらいその間には読んだけど、小説としては2014年初めての一冊となった。 絲山秋子さんの『ばかもの』。 絲山秋子といえば06年に『沖で待つ』で芥川賞をとったこと …
続きを読む