ほんトノトコロ

小説を中心に読書感想文を掲載します。 書評の域には達しておりませんので悪しからず。 好きな作家は江國香織、吉田修一。

カテゴリ:作者名 > な行

『プリズム』【貫井徳郎】

先日、貫井徳郎著『プリズム』(創元推理文庫)を読了。非常に巧みに練られたミステリーでした。 ある日、小学校の女性教師が殺される(ただ、殺害とは断定されない)。 部屋への侵入形跡、睡眠薬が混入していたチョコレートなど数少ない物証を頼りに、異なるアプローチで周囲 …
続きを読む
『龍時03ー04』【野沢尚】

3部作の第3弾。 アテネオリンピックでの戦いが軸として描かれる。代表監督の平義という男の人間像。リュウジは(一見)オートマティズムを求める平義の前に、持ち味の封印を強いられた。 「お前は殺されるために日本に戻されたんだ…」 知的な指 …
続きを読む
『龍時02―03』【野沢尚】

こんにちは。前日紹介した『龍時』の続編です。 第二部。 ベティスに移籍したリュウジがリーガで奮闘する姿を多角的に描く。地元紙のコラムによる描写などは非常に新鮮な切り取り方で飽きさせない。 マリアとの出会いを中心としたピッチ外の生活も、野沢さんならではのタ …
続きを読む
『龍時01―02』【野沢尚】

こんばんは。 今日は僕が大好きな一冊。サッカーを題材とした小説です。 ノンフィクションを中心にサッカーの本や記事はよく読むけれど、サッカーって文章化するのは難しい、臨場感溢れるLIVEのプレーについては無理だろって思ってました。 でも、この『龍時』では …
続きを読む