ほんトノトコロ

小説を中心に読書感想文を掲載します。 書評の域には達しておりませんので悪しからず。 好きな作家は江國香織、吉田修一。

カテゴリ:作者名 > ま行

『母性』【湊かなえ】

湊かなえの『母性』を読了しました。 ◼︎嘘つきは誰だ ある地方の県営住宅の中庭で女子生徒が倒れているのが見つかり、発見した母親が通報、「愛能う限り育ててきました」というセリフを言ったという新聞記事で小 …
続きを読む
『少女』【湊かなえ】

映画を観るにあたって湊かなえの『少女』を再読。 五年前に読んだときの感想は40点。 湊かなえ作品に当時はどっぷり浸かり、本作のインパクトの薄さを酷評していた。 五年経つと結構内容も忘れているものである。初見に近い感覚で読み進めた。 …
続きを読む
『火花』【又吉直樹】

芥川賞を受賞した又吉直樹の『火花』も読了。又吉の経歴やらストーリーは割愛する。まず、最初に断っておくと、僕はお笑い芸人に興味がない。というか好きじゃない。『漫才ギャング』でも述べたことだけど。又吉に関してはサッカーをやっていたし、本が好きで頭の良い人だな …
続きを読む
『火車』【宮部みゆき】

こんにちは。 カバンの中にいれて外出時にちまちまと読み進めた一冊。 三ヶ月くらいかけてようやく読了。 とある女性を別の女性が戸籍ごと乗っ取り、それはなぜ?またいかにして?っていうのを主人公・本間が捜査する物語。 犯人探しとい …
続きを読む
『舟を編む』【三浦しをん】

先ほど三浦しをんさんの『舟を編む』読了。1年前に購入も、しっかり時間をとって読もうと思ってたらいつの間にか本棚の奥の方にいっていた、という一冊です。 先週末から映画が上映され、きょう観に行こうと思っていたので、思い切って時間をかけて読みました。 映画の感 …
続きを読む