ほんトノトコロ

小説を中心に読書感想文を掲載します。 書評の域には達しておりませんので悪しからず。 好きな作家は江國香織、吉田修一。

カテゴリ:評価 > ★★★★☆

『少女』【湊かなえ】

映画を観るにあたって湊かなえの『少女』を再読。 五年前に読んだときの感想は40点。 湊かなえ作品に当時はどっぷり浸かり、本作のインパクトの薄さを酷評していた。 五年経つと結構内容も忘れているものである。初見に近い感覚で読み進めた。 …
続きを読む
『火花』【又吉直樹】

芥川賞を受賞した又吉直樹の『火花』も読了。又吉の経歴やらストーリーは割愛する。まず、最初に断っておくと、僕はお笑い芸人に興味がない。というか好きじゃない。『漫才ギャング』でも述べたことだけど。又吉に関してはサッカーをやっていたし、本が好きで頭の良い人だな …
続きを読む
『グラスホッパー』【伊坂幸太郎】

久しぶりの書評エントリーと思ったら、何と実に一年ぶり。  漫画はこの一年そこそこ読んできたものの、ここまで本を読まなかったとは恐ろしい。 とは言いつつも、ゼロの訳ではなくて辻村深月を再読したり、三浦しをんと新堂冬樹を途中まで読んだりと暇つぶし程度には …
続きを読む
『火車』【宮部みゆき】

こんにちは。 カバンの中にいれて外出時にちまちまと読み進めた一冊。 三ヶ月くらいかけてようやく読了。 とある女性を別の女性が戸籍ごと乗っ取り、それはなぜ?またいかにして?っていうのを主人公・本間が捜査する物語。 犯人探しとい …
続きを読む