ほんトノトコロ

小説を中心に読書感想文を掲載します。 書評の域には達しておりませんので悪しからず。 好きな作家は江國香織、吉田修一。

カテゴリ:評価 > ★★★☆☆

『マリアビートル』【伊坂幸太郎】

『グラスホッパー』の続編ともいえるべく『マリアビートル』を読了。こちらは丸一日使って一気読み。 『グラスホッパー』に比べると、新幹線内という限定空間の中での話がゆえ、スピード感とスリリングは上。 その一方でやや荒唐無稽というか現実には無理じゃ …
続きを読む
『あそこの席』【山田悠介】

おはようございます。 寝る前にサクッと一冊。百円で買ってきた山田悠介さんの『あそこの席』です。 『Aコース』 『レンタル・チルドレン』 『パズル』 これまでレビューしてきた作品の例に漏れず、サク読み。というか短い時間で作品を消費するとい …
続きを読む
『世田谷一家殺人事件の真実』【山元泰生】

最近過去の凶悪事件についてお話を伺う機会があり、興味を持つと言っては何ですが、知っておいた方がいいかなと思い図書館に足を運びました。 僕が個人的に一番知りたかった北九州監禁殺人事件の書籍はなかったので、2000年の暮れに起こった世田谷一家殺人事件 …
続きを読む
『Aコース』【山田悠介】

寝る前に100円で買った山田悠介著『Aコース』をさく読み。 何度かレビューしているけど、この方の作品はいろいろな意味で軽量級なので隙間時間でサクッと読むには手頃であります。 賛否両論あるみたいですが、僕はこのような作品があってもいいんじゃないかなと、最近思う …
続きを読む
『静かな爆弾』【吉田修一】

昨日は吉田修一著『静かな爆弾』も読破。2日で読んだ。 今回の群像劇は彼女の耳が聞こえないという設定。タイトルにもあるように、静かな彼女の世界に主人公が馴染み、理解し、考えていく。 相変わらず切り口が面白く、季節的な描写も秀逸。プールでギャル男風な男に思 …
続きを読む