ほんトノトコロ

小説を中心に読書感想文を掲載します。 書評の域には達しておりませんので悪しからず。 好きな作家は江國香織、吉田修一。

第153回直木賞受賞作・東山彰良氏の『流』を読んだ。

Amazonで掲載されている内容説明を転載する。


何者でもなかった。ゆえに自由だった――。 
1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。 
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が? 
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。 
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。


筆者は台湾出身で子供の頃、日本に移り住んだ。
民族主義や出身、国籍などに全く差別意識がないという前置きさせてもらった上で僕の評価は、何が20年に一度の傑作なのかよくわからないということである。


台湾と大陸、国民党と共産党、また日本軍を描いたスケールの大きさ。確かに時代の流れが歴史に疎い僕にもわかる程度には咀嚼されて叙述されてはいた。

しかし、その大きなスケールは大味で、単行本にして述べ400ページにもわたる分厚さに見合っているかというと疑問なのである。


主人公が好きになれない


中国人の名前が多かったり、漢字に中国語読みのルビが振ってあったり、汚い言葉遣いが多かったりするのは、もちろん普段の僕の傾向からだと読みにくいことは確かだけど、馳星周の『不夜城』シリーズでもある程度免疫はついた。

ただし、序盤から延々と主人公・秋生の「俺の若い頃の武勇伝」が続き、それこそ作者の自伝的小説に見えてくると途端に醒める。まあ自伝ではないのだが。
主人公の周りにいる人物たちに対する感覚もあまり読んでいて気持ちの良いものではない。
年長者を敬うのは文化だからしょうがないとして、同年代の男どもに対しては見下し、毛毛という幼馴染の女性に対しての秋生はジトジトと気持ち悪い。


「これだけヤンチャをしてきた、親に殴られたり、進学校から転落したりしてきた」かのような行き当たりばったりの人生。
その癖に自分は何かを達観している、やるべきことがわかっている風な態度を見せられると、そんなにあんたは偉いのかと主人公に問いかけもしたくなる。

もしも秋生の不遜な態度が、祖父の心意気を受け継いだものとして作者が我々に提示したとすれば褒め称えたいが、違うだろう。
不遜と受け取るのは読んだ僕であり、書き手側からしたらどこまでいっても秋生は勇敢で純粋なのだから。


淡白で退屈な自伝的小説


結局壮大な舞台がありながらも、描かれるのは台北で暮らすいっぱしの粋がった少年の半生記であり、彼の淡白な恋愛事情や「クソッ」と叫びまくる喧嘩自慢にページを割くくらいならばもっと歴史的背景を色濃くして欲しかった。

さらに言えば「余談だが」「実は後年」など日本のバブルやベルリンの壁崩壊、台湾から亡命する青年などのエピソードがちょいちょい挟まれる中、文章内での時間軸が一定しない。
いま、この瞬間が何年なのか、秋生が何歳なのか非常にわかりにくい。

良かったところは台北の雑多な街を描いたシーン、祖父の人となりを綴るシーン、また祖父を殺した人間が誰か判明する箇所である。
ここは整合性、因果関係という小説として当然の条件がクリアされていて唯一のミステリーらしい部分になっていた。


僕はこの作品が好きではなかった。
日本と台湾の英雄譚へのアプローチの違いか、単にこの人の書き方が合わないだけか。
もう一度、先述の差別はないと前置きした上で思う。
直木賞とは他の地域の文学文化を日本人に紹介する賞なのだろうか。

退屈で自慢げで時々緊張感が走り、また退屈な身の上話が大勢を占める『流』は直木賞に値するのだろうか。
賛否が二極化するほどの衝撃も感じなかった。ということは僕の感覚がおかしいのだろうか。

高評価の理由がわからない。



最後まで読んだねぎらいも込めて評価は25点。
東山 彰良
2015-05-13




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック